私にとってうつ病はかけがえのない宝物

ブログ初日、何を書こうかと迷いましたが、やはり、人生の転機を与えてくれたうつ病の経験からスタートしたいと思います。

私は1年半ほど前にうつ病と診断されました。当時の私は、強い希死念慮、考えがまとまらない、仕事が手につかない、言葉がなかなか出てこない、眠れない、食べ物の味がしない、常にぼんやりしている、記憶がとぶ、人の顔が仮面をかぶって見える、感情がない、人ごみに行けない…という状態でした。今振り返ってみると、その状態でよく仕事をしていたなと思います。

ご縁あって、満月の法則に出会い、3ヶ月で寛解と言われるまでになりました。そして、ただ病気が良くなったというだけでなく、生まれて初めて自己肯定感を感じることができました。そして、男性が苦手だった私が、寛解直後に再会した方と、お付き合いすることになりました。それから約1年後、結婚しました。

このほかにも、数え切れないくらいたくさんの変化があり、まさに人生が好転しました。それは他でもない、「うつ病」のおかげです。だから、うつ病は宝物。

大切な経験なので、少しずつ、詳細をまとめていきたいと思います。