読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自殺未遂から結婚へ

結婚の話が持ち上がったのは、昨年の7月なのですが、私はその7月の初旬に自殺未遂をしています。

 

中学生の頃から、死にたい気持ちに襲われることがありましたが、その度に何とかかわして生きてきました。

「人はみんな死にたいと思う時がある」

と信じて疑わないほど、私にとっては当たり前の感情でした。

 

うつ病になってからはその気持ちが強くなり、コントロールもつかなくなり、自分に殺される恐怖をいつも感じていました。

(その頃の体験についても、おいおい書いていきたいと思います。)

 

うつが寛解してからも、他の症状はなくなり、明らかに好転していっているのに、死にたい気持ちだけは残ったままでした。

 

7月初旬、ついに自殺未遂をしました。(それまでは準備をしたり、自傷行為はしていましたが、実行したことはありませんでした。)

 

これまで色々セミナーやカウンセリングを受けたのに、自殺未遂。もう終わりだ。もうできることはない。

 

と当時の私は思ったのですが、結果的には、それによって、大きく生きる方向に大きくシフトしました。

 

自然に結婚が決まったのも、その頃でした。

自殺未遂は、新しい人生の、自分を生きることの、スタートでした。

 

あれ以来、強い希死念慮に襲われることはなくなりました。

両親はじめ、周囲の方々の愛情を心から感じることができるようになりました。

ただ何気ない毎日が幸せでなりません。

 

捨てたら入ってくるとはよく言われますが、最も多くのものを捨て、生きることを手に入れたなくてはならない出来事でした。

 

うつになって良かった。

自殺未遂して、良かった。

 

何があっても、私は幸せです。