うつ病と診断されるまで②

生徒を亡くしてから約1年が経った頃、別の学校に異動になりました。


そこは、とても特徴のある学校で、少し特殊な環境に身を置くことになりました。そして、異動した直後から、先輩方から厳しい指導をいただくようになりました。発する言葉、行動、全てを監視され、全てを否定されているような感覚でした。


仕事に行くのがとても辛くなりましたが、自分が仕事を覚えれば解決する、時間が経てば信頼してもらえるかも、そのために頑張らなくちゃと、何とか出勤していました。毎日のように車の中で泣き、時には数時間、路上駐車して泣いてから帰宅していました。


正直、とても理不尽と感じることも多く、いじめられてるのだろうか…と思うこともありましたが、何も言えませんでした。私のために言ってくれてるんだ、と言い聞かせるのが精いっぱいでした。


生きた心地のしない毎日で、自分のしていることは全て間違っていると思うようになり、生きていることに恐怖心を感じるようになりました。ばんそうこう一つ貼ることも、挨拶をかわすことも、怖くなっていました。


先輩方と関係がこれ以上悪化するのが恐ろしく、また、苦しい思いをしているとはいえ大好きな先輩方だったので悪口を言うのも嫌で、学校内で助けを求めることもできませんでした。八方塞がりで、明日さえもどうしているかわからないという状況でした。


ところが、異動から10ヶ月経った頃、状況は変わらないのに、苦しさを感じなくなり、泣くこともなくなり、急に楽になりました。無というような感覚でした。


これでもう大丈夫かも!と期待しましたが、そうではなかったのです。


③に続きます。