初めてのワーク後の変化

前回の更新後、首を痛めてしまい、スマホを使えなくなってしまって、更新できませんでした。今日からまた始めたいと思います。

 

前回は、ワークを受けて、母に対する思いが変化したこと、そして、その帰り道に先輩方に対する怒りや憎しみなどが湧き上がってきたところまでお話しました。

 

 

その日は、激しい感情に気持ちが落ち着かなくなり、とりあえず寝ることにしました。翌朝、目が覚めても、状況は変わりませんでした。ただ、先輩の先生方を責める気持ちから、自分を責める気持ちに変化していました。表現しようのない激しいごちゃごちゃした感情に、自分が壊れてしまったのではないかと思い、怖くなりました。以前からぼんやりと感じていた死にたい気持ちが強くなりました。

 

クリニックに電話すると、カウンセリングしてもらえることになりました。

カウンセリングで状況を話し始めると、よく来てくれたね、と言ってくださり、安心しました。涙と汗と鼻水がたくさん出て、体が熱くなりました。今振り返ると、今まで我慢して押し殺してきたものが、出てきた瞬間だったのだろうと思います。

 

好転反応だという説明を聞き、安心しました。そして、そういう場合の対処法を教えてもらいました。すぐにまたワークを受けた方が良いとのことで、翌日、また参加することにしました。

 

この日、最も印象的だったのは、カウンセリング中、自分の中から「このままカリキュラムを続けたら、先輩方を恨まなくなりますか?」という言葉が出てきたこと、そして「先輩方のこと大好きなんだね」と言われたことでした。

自分の思いに気づき、涙があふれました。

先輩方も養護教諭の仕事も、大好きだから頑張ってきたんだ。

人を恨んでいるダメなやつだと思っていたけど、本当は大好きだったんだ。

 

ネガティブな感情は苦しいけど、このカリキュラムを頑張ってみようと思いました。