翌日の1dayカリキュラム

調子が悪くなり、急きょ、カウンセリングを受けた翌日、1dayカリキュラムに参加することになりました。


「満月の法則」の説明を聞いた後、ワークに入りました。やっと今まで封じ込めてきた苦しみや悲しみ、怒りなどを出せる!解放される!と思いましたが、何も出てこなくなってしまいました。あるのに出せない、そんな感覚でした。自分の心の中に重い蓋がのっているような気分でした。

それでも少しずつ吐き出しましたが、他人を少しでも責めはじめると、ものすごい勢いで自分を責める感情に襲われ、「死ねばいいのに」「私はゴミ」そんな言葉ばかりが出てきて、苦しくなりました。


これこそ、私がこれまでの人生でしてきたことの縮図でした。嫌だな、ムカつく、そんな誰かを責める感情が湧いた時、全部「自分が悪い」と言い聞かせ、正直な気持ちは封じ込めてきたのでした。


自分がしてきたことの恐ろしさに気付いたのでした。私をいじめていたのは自分自身でした。


でも、そのクセを手放そうと思っても、出しても大丈夫、出した方が良いと思っても、自分を責める思いばかりが湧き上がり、「死にたい」気持ちでいっぱいでした。



それでも午後になり、ワークを続けていく中で、またカウンセリングの中で、たくさんの愛に囲まれていることをあらためて感じ、希望を感じ、とにかく何とか頑張ってこのカリキュラムを継続してみようと思い、命をつないでもらっていたのでした。