時間がかかって良かった

これまでの記事をお読みいただけると垣間見えるかと思いますが、うつが寛解するまでの、私の状態というのは、本当に不安定で、ジェットコースターかのように急激に具合が悪くなったりしていました。我ながら、危なっかしかったし、怖かったです。。

 

3か月でうつが寛解というのは、一般的には早い回復だと思いますが、YSこころのクリニックに一緒に通っていた方の中には、1回の2dayカリキュラムで寛解って方もいたし、期間ももっと短く寛解された方もたくさんいます。

そんなクリニック仲間の姿や体験談を見聞きして、当時はかなーりうらやましかったです。劣等生かと思って、落ち込みました。

 

でも、今振り返ってみると、本当に時間がかかったことが、アップダウンがあったことが、良かったと思うのです。

  • 苦しんだ分だけ、たくさんの気づきがありました。それが自分にしっかりと根付き、生きるうえでの土台になっています。どうして治ったか、自分自身で体感することができました。だからこそ、再発することはないと言い切れるのかもしれません。
  • 時間がかかって、たくさん通った分だけ、たくさんの出会いがありました。実際、そのご縁で、新しいお仕事も決まりました。
  • なかなか好転しないと悩んでいる人の気持ちを思い図ることができるようになりました。
  • 講師やカウンセラーとして動き始めたとき、何より、自分自身の苦しんだ経験が財産になっています。
  • 自分の使命を追究し続けられています。

 

ほかにもきっとたくさんあると思います。

 

周りの方や、これを読んでくださっている方は、「かわいそうに」とか「こんな思いしたくない」と思われたかもしれません。

 

でもすべて、私にとって、大切な大切な財産です。